エントリー

2018年02月の記事は以下のとおりです。

ウィーンの冬、芸術の旅

ウィーンは今週末から来週にかけて厳寒だそうです。靴底のホットカイロがお薦めです。

皇帝霊廟には歴代ハプスブルク皇帝とその家族の棺が公開されてます。この国オーストリアを今でも支え続けるマリア・テレジアやフランツ・ヨゼフ、もちろんシシィこと麗しの皇后エリザベートにも逢うことができます。

カプチン派の教会の地下に降りたら、皇帝たちの棺に向かう前に、皇帝たちも一人の人として生きたことを感じさせる美しいピエタ像の前に立ち止まってくださいね。

ウィーン皇帝霊廟の芸術

イタリアのルネサンスに見られるような人としての表現ではなく、このピエタ象の持つ事象としての深い悲しみは、時空を超えて人の心を打ち続けてます。ウィーンで見ることのできる芸術で、最も美しく悲しい母の愛です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

プロフィール

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

ページ

  • ページが登録されていません。

Feed